マンションの和室リフォーム

和室を見直すリフォームが人気です

和室を見直すリフォームが人気です

そもそも和室がないという住まいが多くなりましたが、最近では改めてジャパニーズスタイルの良さが見直され、和室リフォームしたいという方が増えつつあります。 ことには、吸水性や吸音性、断熱性にも優れた床材として再評価されています。こちらでは、埼玉「全建」が、和室のリフォームについてご説明します。

和室リフォームのポイント

畳の種類を変えてみる 従来の畳で伝統的な和室に、ヘリのない畳を取り入れモダンな雰囲気になど、お部屋と畳の組み合わせてお好みのデザインができます。
メリハリがつく リビングの一部を畳にすると、部屋の一体感を保ちつつメリハリも生まれます。
置き畳を設置する 置き畳とは、床に直接設置する上面が畳になっている収納ユニット。和の空間を作りつつ、収納場所も確保でき、近年注目されています。

和室リフォームの費用目安

今ある和室をそのまま利用したい方で、「より和室を使いやすく」「収納性を高く」といったご要望なら、おおよそ100万円以内が費用の目安です。そのほか、床から一段高い腰をかけられる和室や、襖を取り払い広い開口したリビングの一部のようなモダンスタイルの和室といったご要望は50万円前後が目安となるでしょう。

和室を洋室にリフォームする

和室のあるマンションを購入したけれどやっぱりフローリングにしたい、今のライフスタイルでは和室が使いづらい、使っていない和室がある場合は、洋室にリフォームできます。

和室に対してこんなお悩みはありませんか?
  • ・和室をまったく使っていない
  • ・子ども部屋として活用したい
  • ・フローリングにしたい
  • ・ダニ対策として、とにかく古い畳をなくしたい
  • ・押し入れが使いにくい

和室を洋室に変えることで、お住まい全体のテイストを合わせた住まいづくりが可能になります。

洋室に変える場合の注意点

和室の床にはもともと吸音性の優れている畳を使っているので、防音対策についてそれほど注意しなくてもよかったですが、もしフローリングに変更する場合は、 防音に関する管理規約が細かく設定されている場合がありますので、注意が必要です。当社なら、数あるフローリングの中から防音性に注意した床材をご提案することができます。

和室リフォームの事例

当社が手がけたリフォーム施工例の一部をご紹介します。これまでの経験を活かして、皆さまの様々なご要望にお応えします。

トップへ戻る