マンションリフォームの注意点

マンションリフォームの基本について

マンションをリフォームする前に、知っておいていただきたい大事なことが2つあります。1つ目は、マンションのような集合住宅には自由にリフォームできる部分とできない部分があるということ。 2つ目は、コンクリートでできている壁や柱、梁、床や天井は移動ができないということ。埼玉マンションリフォームを手掛ける「全建」が、リフォームの前の注意点をご説明します。

マンションリフォームで注意するべきポイントとは?

マンションは建物全体が、個人資産である「専有部分」と所有者全員の資産である「共用部分」の2つに分かれています。 そのため、自由にリフォームできるところとそうでないところがあるのです。

専有部分 共用部分
「区分所有権」が認められており、個人資産なので、自由にリフォームすることが可能です。
※構造に関わる部分などは一部制限があります。
マンションの所有者全員の資産であるため、リフォームはできません。
[具体例]
玄関ドアの内側から居室、バスルーム、台所、トイレなど、バルコニーの手前までのスペース
[具体例]
各戸の外の廊下、階段、屋根、外壁など
専有部分 共用部分

改築に関する基本的な約束事は、法律によって定められておりますが、マンションによって事情が異なるので、マンションごとのルールとして「管理規約」が設けられています。リフォームを決める前に、目を通しておきましょう。

構造体(共用部分) 水まわり(マンション全体)

建物全体の強度、耐震などに関わる構造体は共有部分であり、撤去や変更はできません。

また、各戸の壁や外まわり以外でもコンクリートで作られた間仕切りの壁は、リフォームができない場合があります。特に、間取りの変更をしたいときには注意しましょう。

台所やお風呂、トイレの設備機器を取り替えることはできますが、排水や換気のルート確保を優先するために、移動に制限が出る場合があります。

例えば、階下の天井裏に排水管が通っているような構造では、設備機器の移動は基本的にはできません。

「マンションのキッチンリフォーム」はこちら | 「マンションの風呂リフォーム」はこちら | 「マンションのトイレリフォーム」はこちら

窓・サッシ(共用部分) バルコニー(共用部分)

共用部分になるので、取り替えることはできません。断熱効果を高めるサッシの取りつけは可能ですが、ガラスを交換したりフィルムを貼ったりすることは管理規約の確認が必要です。

共用部分ですので、リフォームはできません。また、物置を置いたり、壁に看板を取りつけたりといったことも禁止されています。

天井高の変更(専有部分) フローリングの変更(専有部分)

コンクリートの天井や梁の内側は専有部分ですので、天井板を外して天井の高さを上げられる場合もあります。

床材の変更は、遮音性などにも関わるため、管理規約を確認する必要があります。

「マンションのフローリング張替え」はこちら

共用配管スペース(共用部分) 玄関扉(共用部分)

給水管または排水管などが集中している共用のパイプスペースは移動できません。

外側は共用部分のため、色を変えたり、交換することはできませんが、内側の塗装や玄関スペースなら変更することができます。

「マンションの玄関リフォーム」はこちら

給湯器(マンション全体) 内装の変更(専有部分) 電気容量(マンション全体)

屋内から外に出てしまう場合は、管理組合に確認が必要です。

室内の壁、天井の仕上げ材の貼り替えや塗り替え、室内ドアなどの建具の変更は自由にできます。

電気容量は最初からマンション全体に割り当てられているため、容量をアップしたい場合は、管理組合に相談が必要です。

「マンションの内装リフォーム」はこちら

構造と配管による間取り変更の自由度について

マンションの構造や給水管・排水管といった水まわりの経路の関係で、現在ある間仕切りを取り払い、1部屋として広くしたいといった間取り変更ができないケースもがあります。

また、排水管の勾配が建築基準法で定められているキッチンやバスルームなどは、設備を移動できるかどうかが床下の空間や排水の共用管の位置によって判断されます。

理想の間取りを中古マンションの購入で実現したい方

当然ですが、中古マンションは新築マンションよりもお値段が手ごろ。そこで、浮いた費用を使って内部を理想の住まいにリフォームしてみてはいかがでしょうか? といっても結局、新築マンションと変わらないほどの費用がかかってしまっては意味がありません。中古マンションのリフォームの成功の秘訣は、まずそのマンションがどの程度リフォームできるのかを、事前に知っておくことが大切です。

間取りが変更できるマンションか確認する

コンクリートでできているマンションには多種多様な構造があります。中古マンション購入時には、事前にリフォームの可能範囲などを確認しておきましょう。

例えば、一戸がコンクリートの壁で囲まれ、間仕切り壁が木や軽量鉄骨で作られているマンションは、構造的に大きな変更が可能です。 間仕切り壁を取り払い、広いワンルームにしたり、室内窓を取りつけたりするようなリフォームができるのです。逆に、低層マンションなど間仕切り壁の多くがコンクリートでできている壁式構造のマンションは、 間取りの変更リフォームはほぼ不可能ですので、購入される際はぜひ構造に注目してみてください。

「マンションリフォームの間取り」はこちら | 「マンションの和室リフォーム」はこちら

トップへ戻る